施策と効果

施策と効果

施策内容

効果的なプロモーションで再生率UP

予めYouTubeに投稿された動画(限定公開可)を、YouTubeを始めとした動画サイトへ動画広告として配信します。
広告として配信された分、元となる”YouTubeに投稿した動画”の再生回数も増加します。
YouTube動画広告の配信方法として、3つのGoogle(YouTube)広告手法(Trueview)にて配信を実施し、効果的なプロモーションを行います。

TrueView インストリーム広告


施策と対策

※Google/YouTube仕様変更により告知なく変更となる場合があります。

視聴を希望しないユーザーは「5秒後にスキップ」等のボタンから広告をスキップさせることができる一方で、30秒以上(または動画終了まで)閲覧された場合にのみ費用(再生回数カウント)が発生するという効率的な動画プロモーションです。動画広告再生中にバナーを設置することが可能であり、バナーや広告画面等をクリックすることで、ご指定の Webサイトへユーザーを誘導することが可能です。

バンパー広告(Bumper広告)

TruwViewインストリーム広告と同じ手法で6秒の動画を”スキップ無し”で配信をする強制配信広告です。
従来の”スキップ不可”の広告はネガティブブランディングとなってしまう懸念がありましたが、動画内容を6秒にすることでその懸念を払拭し、かつ強制配信で安価にユーザーへ企業名や商品名を訴求することが可能です。バンパー広告では6秒の動画のみ取扱が可能です。また、通常のインストリーム広告よりも配信単価が安価となる傾向にあります。
通常のインストリーム広告との同時配信・連携配信(バンパー広告を視聴した人にのみ長編のインストリーム広告を配信する 等)も可能です。

True View インサーチ広告


True View インサーチ広告

YouTube内の動画検索において、動画に関連するキーワードで検索された場合に、[広告]として表示される広告枠です。クリックされた時点で費用が発生します。関連するキーワード及び類似キーワードへの出稿と、ターゲットユーザーが何かしらの文言を検索した場合に(キーワードに関係なく)表示されます。インディスプレイ広告との併用が必須となります。

※2016年7月下旬より、名称が「動画ディスカバリー広告」に変更となりました。(Google仕様上の名称)

True View インディスプレイ広告


True View インディスプレイ広告

動画が再生されている時に、「関連する動画」としてユーザーに訴求する広告枠です。
例えば車の広告なら車に関するレース動画や車の修理方法を紹介している動画に配信される等します。また、動画を問わずターゲットが何かしらの動画を視聴した時に表示することも可能です。
こちらもクリックされた時点で費用が発生します。インサーチ広告との併用が必須となります。

※2016年7月下旬より、名称が「動画ディスカバリー広告」に変更となりました。(Google仕様上の名称)

安心で安全


main2

Google社が提供している正規の広告手法を使用し、YouTube動画を広告として配信します。人為的な規約違反違反行為(同一人物が何回も動画を連続で視聴する、不正ツールを使用して再生回数を上昇させる)等ではなく、YouTube(Google)公式サービスを活用する手法であるため、本サービスでのアカウント停止等のリスクはありません。また、広告として配信された事はサービス終了時のレポートや、YouTubeアカウント内アナリティクス機能からご確認頂けます。

フォームからお問い合わせ

見込まれる効果


動画広告配信例

※過去に弊社で配信した事例の実数となります。(反響重視プラン100万回配信:インストリーム広告のみの配信 配信内容:アーティストプロモーションビデオ)

表示再生回数のUP:・・・再生回数の新しい増やし方!

268回再生

YouTubeに投稿された動画を、広告として配信。
動画が広告として再生された場合も、再生回数が1カウントとして計上されます。そのため、YouTube動画を広告として配信することで再生回数を増やす事ができ、動画の信頼性が向上します。
他の営業媒体で”100万回配信達成”といった形で使用することも。

ブランディング・認知度向上!

branding

再生回数UPからの信頼性向上と共に、YouTubeという巨大媒体へ広告を出すことから企業・商品自体の信頼性が上がり、ブランディング効果が見込まれます。

自社サイト・商品サイトへの集客!

main

動画を見て、企業・商品等に興味を持ったユーザーは、各動画説明文や検索をすることで企業・商品等のWebサイトへ移動することができます。商品の購入、申し込みが期待できます。
また、通常の静止画広告や文字広告よりも情報量が格段に多いため、ユーザーの印象に残りやすい広告です。


フォームからお問い合わせ
お電話からお問い合わせ